将棋販売 吉田将棋碁盤店にようこそ

駒  吉田碁盤店では、江戸時代からの伝統的な太刀盛り、手鉋、手鉋による将棋盤作りを行なっています。本物の将棋盤を求める、多くの愛棋家のみなさまに支えられ営業致しております。故・花村元司九段、森下卓九段、矢内理絵子四段、北尾まどか女流二段等多くのプロ棋士に愛用されています。また多くのタイトル戦の舞台でも使用されています。当サイト上には高級将棋盤、普及版将棋盤、駒台、将棋駒の商品画像を多数掲載していますのでゆっくりご覧になってください。なお、高級品だけでなく普及品も扱っております。お気軽にご相談ください。なお、テレビ東京の「開運!なんでも探偵団」の番組にて盤の鑑定師としてときどき三代目吉田寅義が出演しております。ご覧になっていただければ幸いです。
 ※お問い合わせ等のメールについては24時間以内に返信しております。一部の携帯電話のメールが設定により迷惑メールに振り分けられてしまう場合がありますのでご注意ください。もしメールが届いていないようでしたら、お手数ですがお電話にてお問い合わせいただけますでしょうか? お手数ですがよろしくお願いします。
電話・042-810-9333(吉野)

将棋駒/将棋盤 商品新着ニュース

●2013.05.10 埼玉伝統工芸会館にて実演展示販売開催中
●2016.04.15  普及品卓上盤コーナーを新設しました。
●2016.03.25 リバーシ盤駒入荷しました。
●2016.03.22 第8回とちぎ将棋まつり出店
●2016.03.12 新作将棋盤No.0182〜187入荷入荷しました。
●2016.02.26 テレビ番組フジテレビ「あしたのニュース」の「あしたの極み」に出演しました。
●2015.11.21 平成27年度最終個展開催のお知らせを掲載しました。
●2015.11.09 新作駒箱No.014〜20入荷しました。
●2015.11.09 新作将棋盤No.0181入荷しました。
●2015.09.28 新作将棋駒4組No.0016〜0019入荷しました。
●2015.07.01 訪日される外国人旅行者向けの「免税店」になりました。
●2015.04.29 イベント「将棋対局〜女流棋士の知と美〜」にて当店の将棋盤が使用されました。
●2015.02.16 第64期王将戦第4局(スポーツニッポン新聞社・毎日新聞社)渡辺明王将対郷田真隆九段にて当店の将棋盤が使用されました。
●2015.02.11 第40期棋王戦第1局(下野新聞社)渡辺明棋王対羽生善治名人にて当店の将棋盤が使用されました。
●2015.02.01 平成27年度個展開催のお知らせ!
●2014.12.22 平成26年度全国伝統的工芸品公募展入選のお知らせ
●2014.11.25 大特価コーナー新設しました。
●2014.09.12 イベント将棋対局〜女流棋士の知と美〜レポート追加しました。
●2013.12.09 小田急百貨店藤沢店「職人展」出店情報掲載
●2013.11.22 第5回とちぎ将棋まつり実演決定!
●2013.02.07 「行田市指定無形文化財記念展示会」開催情報
●2012.09.27 二代目、三代目吉田寅義が埼玉県行田市の無形文化財に登録されました。
●2012.05.29 埼玉伝統工芸会館にて実演展示販売。
●2012.05.26 5月26日(土)19:00〜NHK総合「NHKニュース7」他に出演。
●2011.03.06 3月6日(日)22:30〜関西日本テレビ系列「大阪ほんわかTV」に出演。
●2011.02.10 宇都宮将棋フェスタレポート。
●2011.02.06 第36期棋王戦第1局の会場にて将棋盤に関する講演会を開催。
●2011.02.02 第2回とちぎ将棋まつりレポート。
●2010.12.05 毎日新聞の「もの語り」に吉田碁盤店が紹介されました。
●2010.12.01 将棋盤の下取りセール始めました。
●2010.10.16 テレビ番組「出没!アド街ック天国」出演
●2010.05.18 テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」出演
●2010.03.20 テレビ番組「ジパング」(BS11)に出演
●2009.01.24 盤の修理受付コーナーを新設しました。

当店へ気軽に遊びにいらして下さい!

 将棋盤は全て確認できます。買う買わないは別にして 当店へ遊びに来て下さい(メール等にて要事前予約)。 「特定商取引法」の中に当店の地図が掲載されています。
 
「将棋販売 吉田将棋盤店」
本社=埼玉県行田市若小玉3813−2
電話=048-556-0225(ホームページをご覧になった旨をお伝え下さい)
営業日・年中無休
営業時間・8:00〜22:00(それ以外のお時間でもご相談下さい)

「吉田碁盤店実演・展示・即売会」のお知らせ(予定)

 埼玉伝統工芸会館にて吉田碁盤店の盤師・吉田寅義による、碁盤製作の実演・展示・即売会を行ないます。本物と言われる碁盤を直接ご覧になる機会はなかなかないことと思います。5月14、15日は太刀盛りの実演(13時半頃)を行ないます。ご見学だけでも結構です。お気軽にご来場下さい。

埼玉伝統工芸会館

埼玉伝統工芸会館での展示会

日程・平成28年5月10日(火)〜5月15日(日)
会場・埼玉伝統工芸会館(財団法人埼玉伝統工芸協会)
   〒355−0321埼玉県比企郡小川町大字小川1220
TEL・0493−72−1220、FAX0493−74−2636

 碁盤の現物が間近で見ることができますので、お気軽に遊びにいらしてください。

※詳細はこちら埼玉伝統工芸会館(財団法人埼玉伝統工芸協会)まで。

国産本榧/将棋盤販売コーナー

銘盤          
         
         
         
         
▼日本産/将棋盤販売コーナー入口
▼日本産/卓上将棋盤販売コーナー入口

中国榧/将棋盤販売コーナー

中国榧将棋盤 ◆木取りのよい低価格の中国榧コーナーを新設しました。

         
         
         
▼中国榧/将棋盤販売コーナー入口

将棋駒販売コーナー

銘駒

▼将棋駒販売コーナー入口 
 

駒箱・駒台・桐の盤覆い 将棋用品販売コーナー

駒箱 ◆駒箱、駒台、桐製の盤覆いの将棋用品を販売しております。
 駒箱は在庫あり。
 
 
 駒台、盤覆いは将棋盤のサイズに合わせてお作りする受注生産のため、 約2週間ほどお時間をいただきます。  
▼将棋用品販売コーナー入口

ストラップ販売コーナー

ストラップ ◆静電気を吸収する木製ひょうたんストラップを販売しております。
 価格は500円〜1,000円です。  屋久杉=1,000円、島桑=1,000円、本榧 =500円、えんじ=500円、欅(けやき)=500円、 七竈(ななかまど)=500円
▼ストラップ販売コーナー入口

第40期棋王戦第一局渡辺棋王対羽生名人にて当店の将棋盤が使用されました

渡辺明棋王による揮毫
渡辺明棋王による揮毫
挑戦者羽生善治名人による揮毫
挑戦者羽生善治名人による揮毫
両対局者と立会人に揮毫していただいた将棋盤
両対局者と立会人に揮毫していただいた将棋盤
三代目、四代目吉田寅義
三代目、四代目吉田寅義

平成26年度全国伝統的工芸品公募展入選のお知らせ!

 平成26年度全国伝統工的工芸品公募展に当店の将棋盤が入選致しました。

 公募展は平成26年12月1日(月)に応募が締め切られ、12月16日(火)に審査が行われました。 入選作品は、12月19日(金)〜平成27年1月7日(水)まで、伝統工芸青山スクエア(1F) および ライブラリー(2F)にて展示されています。
会場・〒107-0052東京都港区赤坂8-1-22赤坂王子ビル「伝統工芸青山スクエア」

コメント「この将棋盤は私(三代目吉田寅義)の41年間の盤作り人生の集大成として製作いたしました。 いつでも心を込めて仕事に臨んでいます。もしお時間のある方、盤作りにご興味のある方是非ご高覧賜りますようお願い申し上げます。」

無形文化財に登録されました!

平成24年9月27日、埼玉県行田市により二代目、三代目吉田寅義、碁盤製作技術吉田流太刀盛が埼玉県行田市の無形文化財に登録されました。他店のように機械を使わず、盤を1点1点考えながら盤に合わせた手作りの脚や太刀盛りの技法の製作していることが認められました。行田市にて人が無形文化財に登録されたのは初めてのこと。これを励みにこれからも一層精進してまいります。なお、当店の二代目吉田寅義が昭和58年に国から「現代の名工」として受賞している卓越技能章は碁盤店では当店だけ。国内では角界を代表する100名程度の高い技術を持った名工しか存在しません。他店では対応できない修復、修繕の高い技術がありますので盤の直しについてもお気軽にご相談ください。

二代目吉田寅義 行田市指定無形文化財認定書

二代目吉田寅義 行田市指定無形文化財認定書


三代目吉田寅義 行田市指定無形文化財認定書

三代目吉田寅義 行田市指定無形文化財認定書


碁盤製作技術吉田流太刀盛 行田市指定無形文化財認定書

碁盤製作技術吉田流太刀盛 行田市指定無形文化財認定書


昭和58年に受賞した二代目吉田寅義の卓越技能賞

昭和58年に受賞した二代目吉田寅義の卓越技能章


新作・将棋駒入荷!

 将棋界のタイトル戦や公式戦に使用されている駒師・富月さんの新作を販売開始しました。今後も新作が随時入荷する予定です。将棋盤と駒のセット、もしくは駒と駒箱のセットとでご購入いただいたお客様には駒の代金を1割引させていただきます。どうぞご検討ください!
駒師富月さんと三代目、四代目吉田虎義
▼将棋駒販売コーナー入口 
 

新作・駒箱入荷!

 将棋界のタイトル戦や公式戦に使用されている駒箱師・松浦さんの新作を販売開始しました。今後も新作が随時入荷する予定です。将棋盤と駒箱のセット、もしくは駒と駒箱のセットとでご購入いただいたお客様には駒箱の代金を1割引させていただきます。どうぞご検討ください!
松浦さんと三代目、四代目吉田寅義と富月さん
▼駒箱販売コーナー入口

平成27年度最終個展開催のお知らせ!(終了)

 平成27年12月18日(金)〜12月20日(日)の三日間、今年最後の個展を埼玉県行田市の当店にて開催します。会場を借りての個展とは違い拙宅にての開催故に面倒も御座いますが、じっくりと棋具について。また碁盤師の生の声をお伝えできる機会でもあります。お気軽にご参加戴ければ幸いです。
 本物と言われる将棋盤・碁盤を直接ご覧になる機会はなかなかないことと思います。盤についてじっくり時間を取ってご説明します。将棋盤の選び方、手彫りの脚と機械脚の違い、盤の手入れの方法など知っておいて損のない基礎知識をご紹介します。また駒師の作成した駒なども直接見ることができます。電話ではいまひとつ分かりづらいとこも相対して現物を見ながらの説明でよくわかることが多くあると思います。参加費は無料でご見学だけでも結構です。お気軽にご来場下さい。

ご注文(ご予約&問合 メールは★を@に変更の上ご使用ください)

 期日時間・平成27年12月18日(金)〜12月20日(日)11時〜18時
 場所・埼玉県行田市若小玉3813−2
 電話・048-556-0225(本店)
 参加費・無料
 アクセス・JR高崎線「熊谷」駅(新宿から湘南新宿ラインで約1時間)、お車の方は東北道「加須」下車20分。駐車可
      ※遠方よりお越しの方へ 新幹線にて「東京」→「熊谷」、JR高崎線「熊谷」駅にて10時15分着にて送迎致します(事前予約・定員7名)


詳しい地図で見る

平成27年度最終個展プログラム
11時 ご挨拶
 棋具鑑賞と説明 太刀目盛り・手彫脚・手鉋実演についての実演や解説、吉田寅義作の碁盤にて試し指し
17時 閉会
17時 懇親会 地酒と手製漬物・うどんにて座談会
※ご来場記念品 当店製かやの瓢箪&蛤碁石のストラップ(黒木碁石店協賛)
※当店18時発にて熊谷駅までお送りします。

平成27年度個展開催

行田市指定無形文化財記念展示会開催決定!(終了)

 平成25年3月23日(土)から埼玉県行田市の行田市商工センターにて行田市指定無形文化財を記念した展示会(個展)を行ないます。碁盤、将棋盤など30点以上展示します。お時間のある方はぜひお気軽にご来場いただければ幸いです。

会場・行田市商工センター商工センター内4階(402室)
日程・平成25年3月23日(土)11:30〜20:00、24日(日)10:00〜20:00、25日(月)10:00〜14:30
内容・行田市指定無形文化財記念展示会として、碁盤・将棋盤(足付き・卓上)、棋具(碁笥・碁石など)の展示
アクセス・行田市商工センターへのアクセス
※ご高覧の際、盤の手入れ・見方・分からないことなどお気軽にご相談ください。

無形文化財記念展示会入り口
 
行田市指定無形文化財記念展示会
連日大勢のみなさまがいらっしゃいました。
拭漆の駒箱
新しい駒箱が入荷しました。拭漆の駒箱など内箱の木目も合わせたこだわりの駒箱です。

 将棋盤をお探しでしたら全国の盤屋で唯一無形文化財に指定されている当店の将棋盤をぜひご検討下さい。品質はもちろんアフターサビスも万全です。

「第5回とちぎ将棋まつり」にて公開実演(終了)

 平成26年1月5日(日)から栃木県宇都宮市の宇都宮グランドホテル(栃木県宇都宮市西原町142)にて開催される「とちぎ将棋まつり」(主催・とちぎ将棋まつり実行委員会、下野新聞社)にて実演販売を行ないます。近郊の方は、ぜひ遊びにいらしてください。入場無料。

日時・1月5日(日)9:30〜19:30
会場・宇都宮グランドホテル
参加棋士
谷川浩司九段、郷田真隆九段、松本佳介六段、片上大輔六段、戸辺誠六段、上村亘四段、香川愛生女流王将、北尾まどか女流初段、鈴木環那女流ニ段

平成27年度個展開催のお知らせ!(終了)

 平成27年6月6日(土)〜6月7日(日)の二日間、東京駅近くの八重洲ブックセンター本店8階ギャラリー(東京都中央区八重洲2-5-1 )にて個展を開催する予定です。アクセスがとても便利な八重洲ブックセンター本店ですので、地方のみなさまも碁盤を見にいらしてください。

 大勢のご来店ありがとうございました。